スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSサーバ:Windows? Linux?

よくあるWindowsとLinuxのどっちが良いの?っていう話について。

よく言われる事も含めてどっちも試してみた経験からまとめてみました。

Windows Server

良い点
・管理が楽
・サーバFPSが安定する
・Windowsなのでとっつきやすい

悪い点
・再起動、デフラグが必要などなどサーバ機としての安定性としては難がある
・OSが結構メモリを食う
・満足な運用をするには外部ツールなどコツがいる
・OS自体のカスタマイズも必要
・オートアップデートが効かない(はず)なので手動アップデートが必要

Linux Server

良い点
・サーバFPSを1000にしやすい
・OS自体の使用メモリが少ない
・サーバ機としての安定性が高い
・デフォルト設定でネットワーク性能が高い
・オートアップデートができる

悪い点

・サーバFPSが安定しない
・Linux自体がとっつきにくい

こんなところでしょうか。
ここまでは結構触れてるサイトもありますし、
「最高のパフォーマンスを目指すならLinux」
「管理が楽なWindows」
てのも良く聞きます。

で、こっから個人的な見解。

そもそもCSサーバのパフォーマンスに影響する要素の順位は

回線速度 >> ルーター、NICなどのネットワーク機器 > スペック > OS,ソフトの設定

というのが私の経験からの結論。

何より回線速度です。
Hapiさんが昔立ててたサーバがかなりの高パフォーマンスでしたが、本人Linuxの知識が
たいして無いからOSチューニングとかしてないけど回線速度で圧倒してたって感じでしたし。

ルーター、NICは「まともに動く」なら何でも良いんですが、たまに地雷みたいなルーター
等があって足を引っ張ることがあります。
そこを回避できさえすればってことです。

スペックはWindows XPで立てるとしても
・CPU:Pen3 1.2G
・mem 256M
で十分なパフォーマンスになりますので、最近のPCならスペックがネックになることは無いはず。

そして設定ですが、これはcvarというかserver.cfgの項目を細かく弄ったり
LinuxやWindowsで色々いじったりしましたけど、正直大差無いです。
configも大事なのはrateやsys_tickrateくらいでしょうか。
unlagとか値を色々変えても体感できたことないんですよね。

Linuxの方がLatency表示が低くなる、しやすいっていうのは事実ありますけど、Latency=Ping
では無いですし、Pingに限って言えばそこまでOSで差が出ません。
Latency表示が低い方が派手で良いっちゃ良いですが。

てことでパフォーマンスに関してはWindowsかLinuxか・・ってのじゃない部分の影響の
方がでかいと思うんですよね。

もっと言うと手間やとっつきやすさ、難易度とかの個人で感じる部分を除外すれば
一番WindowsとLinuxで差が出るのはCPU負荷の部分かなと思います。

これはサーバFPSを出すために、Windowsはsrcdsfpsboostなどの外部ツール、Linuxは-pingboost
のコマンドラインを使用することに起因します。(たぶん)

Windowsはアプリのタイマ周期みたいな奴の影響でfpsが上がり切らないバグがあるんですけど、
srcdsfpsboost.exeというツールで回避できます。これはリソースへの負荷はほとんどありません。
CPU負荷はCSのサーバアプリを複数起動しても5~8%とかでした。

※タイマ周期に関してざっくり説明してる『使用していないショートカット』様
http://nikujiru.exblog.jp/6765541/

Linuxの場合は-pingboostというコマンドラインで1-3までの3段階で指定できますが、簡単に言うと
「この数字が高いほどサーバFPSが安定するがCPU負荷が高くなる」という感じです。
3にするとサーバ内の時間が早くなる(C4が15秒くらいで爆破とか)こともあるので私は2で使用
していますが、それでもCPU負荷はサーバ1つで10~15%くらいかかってしまいます。
複数起動すると単純に足し算になるのか、2個で25~30%とかまでなりました。
※Windows機がクアッドコア、Linux機がシングルコアだったってのもあるでしょうが。

じゃあCPU負荷が高いとどーなるかって話ですが・・

10%未満とかだとPCって動いてるんだか動いてないんだかって動作音しかしませんが、20%とかに
なってくると話は別です。
CPUファンがヒュイーンとか言って頑張ってる感もありますし、常時起動してるなら当然消費電力にも
影響してきます。常に負荷がかかってるって状況はハード的な耐久性への不安も無視できません。

以上のことから私が知り合いに「どっちが良い?」て言われたときは
「CPU負荷が低し、パフォーマンスはどっちも大差無いから『趣味でやってみたい』ってのじゃ
 なければWindowsが良いよ!」
と言うことにしてます。
関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レイバン サングラス

Pete Blog CSサーバ:Windows? Linux?

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
 
プロフィール

Pete

Author:Pete
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。