スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADEONドライバ(CCC)の罠

PC新調したから動画つくるぞーとか宣言してましたがいつまでたっても
作らないPeteですこんばんは。

言い訳なんですけども、Radeonのドライバ(Catalyst Control Center)の癖がわからず、
イマイチmovie向けの画質セッティングがわからなかったんですよね。

なんとなくわかりましたのでご報告を。
問題の画面がこちら。

らで

通常、ゲームプレイの場合はパフォーマンス寄りに、movieなど動画作成の
場合は画質寄りに設定するのが定石ではあるんですが、NVIDIAとは設定の項目
が当然変わっています。

今回てこずったのはアンチエイリアスの項目。
簡単に言うと斜めの線が
         
(設定:低)ギザギザになる ←→ (設定:高)綺麗に直線になる

ていう項目なんですけど、動画を作る場合は高くします。
NVIDIAの場合は問答無用で高設定でよかったもの、RADEONでは項目が
なんか増えてますので・・

形態学的フィルタリング
フィルター Edge-detect


にチェックを入れたところ、アンチエイリアスが×24まで増加。
「これはwwww綺麗にwwwなるwww」とかテンションあげてみましたが、
実際の画面ではどうにも違和感があります。

形態学的フィルタリングというのがどうも角張ってる部分を丸くするという設定
らしく、フォントやクロスヘアがおかしなことに。

Edge-detectはどうもちらつきというかザラザラした感じになってしまいました。

これを外したところ狙い通りな感じになったのでしばらくこれを動画作成用の
セッティングとして固めていきたいと思います。

これを切り分けするのにドライバの設定なのかハード的特性なのかconfigが
合ってないのかといじくりたおすのに時間がかかったという話。

もしNVIDIA→RADEONの乗り換え組で「あるぇー?」て思ってる方がいたら
参考にしてみてはいかがでしょうか。

乗り換え組かつ動画作成する人っていうすごくニッチな層でしょうけどw
関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
 
プロフィール

Pete

Author:Pete
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。