スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳サイト

『ソフトウェア・OS』ではないよなと思いつつ‥

movieだのサーバだの海外のプロゲーミングチームのサイト・ニュースなど(hltv.orgとか)
を見るには英語を読み解く力が不可欠です。

ですが困ったことにアレルギーてほどでもないですがそんなに英語は堪能じゃありません。
せいぜい受験英語ちょっとやってました程度。

そんなときお世話になる翻訳サイトの紹介。
今のとこ斜め読みするための使い勝手が一番いいのがこちら。

Cross Translation
http://sukimania.ddo.jp/trans/trans.php

良いのは複数の機械翻訳のサイトの結果を比較しつつ、英単語一個一個をALC英辞郎という
辞書でポップアップ検索できるところ。

こうして見てみるとyahooやexciteが結構優秀で、googleさんがイマイチてのがよくわかります。
googleさん‥もっと頑張って‥。

ざっと機械翻訳を読んで、文章壊れてたり記事の核心部分だなーてあたりを辞書つかいつつ
訳してみると結構わかったりするので助かってます。

こんな感じ
CT1

上部中央の青字の単語をクリックすると辞書が起動
CT2



最近のH2kの

Lions「やっとH2kのチームと契約できるよ!MSI Beat ItはLionsで出る!」
SK「SECにはXizt使うよ?大会のラインナップにも載ってるっしょ?」
H2k「SKには貸さないよ?うちで契約中だし」

ていうgdgdもこのサイトのおかげで追いやすかったです。
H2kは結局メインで残ってた5人も無料でリリースするみたいですね。

ちなみに上の画像で使った記事は
『SECのためにallenがSKに復帰』
http://www.hltv.org/news/5083-allen-returns-to-sk-for-sec

Yahoo翻訳を中心にざっくり見ると‥

SK Gamingは、ジミー「allen」アレンがサムスンヨーロッパのチャンピオンシップの
5番めの選手になるだろうと発表しました。

SK Gamingの行く先については、彼が最近の試合を休暇で不在だったため、
多くの憶測を生んでいました。

SKはまず最初に、代役としてリチャード「Xizt」ランドストロームを使うつもりでした。
しかし、この旧H2k Gamingのタレントは彼のチーム(Lions)とともにMSI Beat It決勝
に出席するため、最終的に申し込みを断りました。

アレンは今はSECの公式ウェブサイトでSK Gamingの名簿に加えられました。
そして、それは彼がベルリンで彼らのためにプレイすることを示します。

この夏のGuxのfnaticへの移籍によって空きが作られましたが、
このESWC準優勝チーム(SK)はまだ正式には5人目のプレーヤーを発表してません。

Andreas「moddii」Fridhはそれ以来ずっとSKの穴を埋めていました。
しかし、彼が正式にメンバーとなり得るかどうかはまだわかりません。

SEC 2010は、ベルリンで、9月3~5日から起こります。


ちょっと修正しましたがこんな感じでしょうか。

結局allenがSKに戻るそうで。
「休んでる場合じゃねぇ(AAry」
てところでしょうか。

そらぁそうだろ・・jk・・
関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

英語使える人かっこいいと思うけど、自分もこれ使って英語使えるふりをしよう。
ありがとうぴーとさん
Twitter
 
プロフィール

Pete

Author:Pete
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。